保険と預金の資金について

保険と預金の資金について

何かあったときのことを考えた場合に備えておくということは多くの人にとって必要なことでしょう。

経済的な解決方法としては、預金と保険という二つの方法があります。
この違いは何かというと、時間的な違いだといえるでしょう。

すでに多くの預金がある場合には、いざというときにも役に立つと思いますが、これから貯めていこうとした場合にはリスクがあります。



たまってから何かが起こればよいのですが、たまる前に起こってしまうと対応することはできないでしょう。



預金をするということはこのようなリスクがあるのです。

すぐに対応できないというリスクは大きいといえるでしょう。




保険の場合には、加入した時点でリスクに対応することができます。



この点はもっとも大きな違いだといえるでしょう。


すぐにリスクに対応しなければならない状況には必要なことだと考えられるのです。


ただ、保険の場合には、何も起こらなかった場合には、支払った料金が返ってくることはありません。

何か起こったときに返ってくるというものですから、この点についてはデメリットがあるといわざるを得ないでしょう。

貯金の場合には何も起こらなければ、ためた資金はそのまま自分のものとなるわけです。

この違いについても把握しておく必要があります。



貯蓄性のある保険もありますが、これは上記のような部分と、そしてそれとは別に資産運用をする部分とがあって、別々の物を組み合わせているのに過ぎないのです。

http://www.seiho.or.jp/
http://www.niigata-inet.or.jp/nshkyoukai/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%8D%94%E4%BC%9A


Copyright (C) 2015 保険と預金の資金について All Rights Reserved.